shop blog

アクタス・新宿店 / リノベーションルームHOW アクタス・新宿店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
リノベーションショールーム「HOW」は新宿店2Fにございます。
ADDRESS
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-19-1BYGSビル1・2F
TEL
03-3350-6011
OPEN
11:00~20:00 / 不定休

Posts Tagged ‘チェア’

皆様、いつもアクタス新宿店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

昼間の温かさに比べ、朝晩はぐっと冷え込むようになってきましたね。

 

室内で過ごす時間が多くなるこれからの季節は、インテリアをアップデートして、

 

自分にとってさらに居心地の良い場所にするのはいかがでしょうか。

 

 

 

現在アクタス新宿店2Fで開催している

 

『bauhaus nowhaus バウハウス開校100周年 現在進行形のバウハウスの家具』

 

(~12月8日)から、

 

今回はミース・ファン・デル・ローエの『B42』と『D42』チェアのご紹介です。

(下の画像は「B42」チェア)

 

 

B42

 

 

ミース・ファン・デル・ローエといえば、世界3大建築家として有名ですが、

 

多くの方が思い浮かべるのは恐らく『バルセロナチェア』ですね。

 

 

「バルセロナチェア」は、ミースが1929年のバルセロナでの万国博覧会の時に

 

モダニズム建築として有名な『ドイツ館(バルセロナ・パビリオン)』を設計し、

 

そこに置く椅子としてデザインされたものです。

 

 

その後ミースは、1930年にバウハウスの3代目校長となりました。

 

14年間のバウハウスの歴史の中の最後の3年間(1930~1933)という激動の時代を

 

初代校長グロピウスに託されたのです。

 

 

バルセロナ万国博覧会で「建築」と「家具」共に優れた作品を残したミースは、

 

「総合芸術としての建築」を理念とした「バウハウス」を正に体現した存在と言えるのかもしれません。

 

 

 

『B42』チェアは、ミースが1920年にデザインした椅子です。

 

鋼管製カンチレバー(片持ち構造)のとてもバウハウスらしいデザインで、

 

スチールのフレームに編んだ座面というシンプルな構成ながら、

 

脚を丸く成形して弾力を与え、座り心地はとても快適です。

 

 

また、「B42」チェアのアーム付きのものが『D42』チェアです。

 

D42

 

『D42』はレッグ部分から背の後ろまで続くアームのラインが、カンチレバーと二重の曲線となり、

 

更にデザインを際立たせていて、とても素敵なチェアです。

 

 

そしてこんなにデザイン性の高い椅子ですが、

 

弾力性がある座り心地なので、長時間座り続けても苦になりません。

 

ダイニングでのご使用をされるのであれば、テーブルを離れがたくなるかもしれない

 

そんな『B42』と『D42』です。

 

ぜひ店頭でミースの二つの美しいチェアをお試しください。

 

 

 

31

 

※11月23、24日は『E-MESSEブランド商品』をお求めいただくとアクタスポイントが5倍になります。

 

是非この機会にアクタス新宿店へお出かけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1701

 

みなさんこんにちは。

 

いつもアクタス 新宿店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日は新作ダイニングシリーズの「SOUP」シリーズをご紹介。

 

「その2」 として、ダイニングチェアをご紹介致します。

 

数多くの色、サイズ、素材やデザインの中からあなただけの形へと作り上げる「SOUP」シリーズ。

 

それはまるで好きな具材や味付けを選んで煮込むスープのように、自分好みの組合せで楽しんでいただけます。

 

デザインは、温かみのある北欧の定番デザインをモチーフにし、

 

研磨や塗装、組み上げには日本の伝統技術を生かして作られたダイニングシリーズです。

 

そして、オーク無垢材を使用したカスタムシリーズにも関わらず、

 

驚きのお買い得なお値段と、納期約1ヶ月での製造を実現しています。

 

IMG_1702

SOUP DINING CHAIR

 

SOUP DINING CHAIR は笠木(背もたれ)のデザイン、フレームカラー、座面張地を選んでいただけます。

 

チェア決定までの流れ

 

①笠木(背もたれ)のデザインの選択

 

IMG_1699

 

ダイニングチェア A-タイプ

 

笠木(背もたれ)のデザインはラダータイプ。

 

軽やかな2本のラインで背を支えます。

 

シンプルなサイドチェアと肘掛けつきのアームチェアがございます。

 

https://www.actus-interior.com/products/detail.php?idx=00001122

↑↑↑ 詳しくはHPをご覧くださいませ。

 

IMG_1700

 

ダイニングチェア B-タイプ

 

笠木(背もたれ)のデザインはプレートタイプ。

 

しっかりとしたホールド感で背を支えます。

 

シンプルなサイドチェアと肘掛けつきのアームチェアがございます。

 

https://www.actus-interior.com/products/detail.php?idx=00001123

↑↑↑ 詳しくはHPをご覧くださいませ。

 

IMG_1701

 

ダイニングチェア C-タイプ

 

アームと背が一体のハーフアームタイプ。

 

アームが短く、動作がスムーズなチェアです。

 

https://www.actus-interior.com/products/detail.php?idx=00001124

↑↑↑ 詳しくはHPをご覧くださいませ。

 

②フレームカラーの選択

 

IMG_1709

 

写真の7色からお選びいただけます。

 

素材は全てオーク無垢材となります。

 

③座面、張地の選択

 

IMG_1711

 

座面についてはファブリック 10色、レザー 3色、合成レザー 3色よりお選びいただきます。

 

板座の場合は②のフレームと共通カラーとなります。

 

いかがでしたか?

 

新作「SOUP ダイニングチェア」座ってみたくなってきましたか?

 

アクタスのフィルターを通した北欧の香り漂うデザインと、

 

それを形造る職人さん達の技術力の結晶。

 

モノ創りの現場は真にスープを作る厨房のようですね。

 

前回ブログ、【「SOUP DINING」 その1 「テーブル」】と合わせて是非ご検討くださいませ。

 

お客様のご来店、心よりお待ちしております。

美しい木の家具

date. 2011/08/17

2011年08月17日(水)

 

アクタス自慢の木の家具、その中でもニューフェイスなのが、こちらです。

 

 

dsc05464

 

その名も  「 HIROSHIMA (ヒロシマ) 」

 

 

dsc05466 dsc05470

 

日本を代表するデザイナーの1人、 深澤 直人 さん デザインの椅子です。

 

一切の無駄を省きつつ、座り心地・さわり心地にこだわった、美しい椅子です。

 

作っているメーカーも、なんと日本の会社。

知る人ぞ知る、 マルニ木工 という、世界に誇る木工家具メーカーです。

 

 

そんなマルニ木工へのデザイナーの信頼と、確かな技術力を持って生まれた ヒロシマ は、

イタリアで毎年行われる家具見本市、ミラノサローネでも絶賛されました。

 

 

そして、その信頼と賞賛はもちろん海外のデザイナーも然り、

ジャスパー・モリソン というイギリスのプロダクトデザイナーの椅子も発表されています。

それがこちら ↓

 

「 Lightwood (ライトウッド) 」 

dsc05471 dsc05473

 

 

 

 

また、深澤直人さんの新作も、同時期に発表されています。

 

「 Roundish (ラウンディッシュ) 」

 

dsc05475

 

ヒロシマとはまた違った、丸みを帯びたデザインは、どこかなつかしい感じもしますね。

 

 

日本のトップデザイナーと、日本トップクラスの木工家具メーカーの

贅沢な一品、いかがですか??

 

dsc05477

 

 

 

ブライダルフェア楽園リビングキャンペーン好評開催中です!

9月30日(金)までですので、お早めに!!

 

 

to TOP