shop blog

アクタス・新宿店 / リノベーションルームHOW アクタス・新宿店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
リノベーションショールーム「HOW」は新宿店2Fにございます。
ADDRESS
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-19-1BYGSビル1・2F
TEL
03-3350-6011
OPEN
11:00~20:00 / 不定休
back

Posts Tagged ‘TECTA’

皆様、いつもアクタス新宿店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

昼間の温かさに比べ、朝晩はぐっと冷え込むようになってきましたね。

 

室内で過ごす時間が多くなるこれからの季節は、インテリアをアップデートして、

 

自分にとってさらに居心地の良い場所にするのはいかがでしょうか。

 

 

 

現在アクタス新宿店2Fで開催している

 

『bauhaus nowhaus バウハウス開校100周年 現在進行形のバウハウスの家具』

 

(~12月8日)から、

 

今回はミース・ファン・デル・ローエの『B42』と『D42』チェアのご紹介です。

(下の画像は「B42」チェア)

 

 

B42

 

 

ミース・ファン・デル・ローエといえば、世界3大建築家として有名ですが、

 

多くの方が思い浮かべるのは恐らく『バルセロナチェア』ですね。

 

 

「バルセロナチェア」は、ミースが1929年のバルセロナでの万国博覧会の時に

 

モダニズム建築として有名な『ドイツ館(バルセロナ・パビリオン)』を設計し、

 

そこに置く椅子としてデザインされたものです。

 

 

その後ミースは、1930年にバウハウスの3代目校長となりました。

 

14年間のバウハウスの歴史の中の最後の3年間(1930~1933)という激動の時代を

 

初代校長グロピウスに託されたのです。

 

 

バルセロナ万国博覧会で「建築」と「家具」共に優れた作品を残したミースは、

 

「総合芸術としての建築」を理念とした「バウハウス」を正に体現した存在と言えるのかもしれません。

 

 

 

『B42』チェアは、ミースが1920年にデザインした椅子です。

 

鋼管製カンチレバー(片持ち構造)のとてもバウハウスらしいデザインで、

 

スチールのフレームに編んだ座面というシンプルな構成ながら、

 

脚を丸く成形して弾力を与え、座り心地はとても快適です。

 

 

また、「B42」チェアのアーム付きのものが『D42』チェアです。

 

D42

 

『D42』はレッグ部分から背の後ろまで続くアームのラインが、カンチレバーと二重の曲線となり、

 

更にデザインを際立たせていて、とても素敵なチェアです。

 

 

そしてこんなにデザイン性の高い椅子ですが、

 

弾力性がある座り心地なので、長時間座り続けても苦になりません。

 

ダイニングでのご使用をされるのであれば、テーブルを離れがたくなるかもしれない

 

そんな『B42』と『D42』です。

 

ぜひ店頭でミースの二つの美しいチェアをお試しください。

 

➡TECTA社ホームページはこちら(一部承れない商品もございます)

 

 

31

 

※11月23、24日は『E-MESSEブランド商品』をお求めいただくとアクタスポイントが5倍になります。

 

是非この機会にアクタス新宿店へお出かけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもアクタス新宿店のブログをご覧いただき有難うございます。

 

段々秋の気配が深くなり、気温の変化に体調がついていかない方も多いのではないでしょうか?

 

みなさま、くれぐれもお身体ご自愛ください。

 

 

 

さて、先週末よりアクタス新宿店二階で開催中の

 

『bauhaus nowhaus バウハウス開校100周年 現在進行形のバウハウスの家具』(~12/10)

 

では、この企画ならではの家具を色々とご用意しております。

 

 

今回はその中から、マルセル・ブロイヤーの『D4』チェアのご紹介です。

 

 

d4

 

「バウハウス」の代名詞ともいえるスチールパイプのチェア。

 

それを最初に考案したのがマルセル・ブロイヤーです。

 

ブロイヤーは当初、バウハウスの学生でしたがグロピウスの生徒となったのちに

 

彼自身が「マイスター(教授)」となり、家具工房の授業を行いました。

 

 

 

当時家具の材料と言えば「木材」が主流であったなか、彼は自転車のフレームからヒントを得て、

 

スチールパイプの画期的な椅子「ワシリーチェア」を作りました。

 

 

 

スチールパイプの活用は、ただ斬新なだけではなく、規格化による大量生産が可能になるという

 

工芸の近代化の実現を可能にする発明でした。

 

バウハウスの理念である「芸術と技術の統一」そのものと言えるかもしれませんね。

 

 

 

「D4」チェアは、「ワシリーチェア」の折りたたみモデルとして改良されたチェアです。

 

 

 

さらに今回入荷した「D4E」チェアは、アウトドアモデルとして

 

従来のスチールパイプをさびにくいステンレスパイプに変更したものになります。

 

もともと「D4」チェアは船上やお庭での使用も想定して作られたとも言われていて、

 

より本来の目的に従った機能的なチェアになりました。

 

 

 

また、ステンレスバージョンは艶消しなので

 

鉄のピカピカした感じが苦手・・という方にもおすすめです。

 

D4アルミ

↑アウトドアモデル(ステンレスパイプ)

 

D4ステンレス

↑スタンダードモデル(スチールパイプニッケルメッキ)

 

 

 

幅広の座面と、絶妙な背と座の角度で、クッション性がなくてもゆったり読書などもできてしまう名作チェア。

 

屋内だけじゃなく、屋外でも使用できる『D4E』チェアをぜひ店頭でご覧ください!

 

➡TECTA社ホームページはこちら (一部承れない商品もございます)

 

 

 

31

 

 

 

 

 

 

いつもアクタス新宿店のブログをご覧いただき有難うございます。

 

急に気温が下がり、特に朝晩は寒さを感じるほどですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

いよいよ本日より、アクタス新宿店2階では

 

『bauhaus nowhaus バウハウス開校100周年現在進行形のバウハウスの家具』

 

が始まりました!

 

 

 

「バウハウス」とは、一言で言ってしまえば『20世紀初頭にドイツで設立された芸術学校』です。

 

しかし、バウハウスは100年前にたった14年間しか存続しなかったにも関わらず

 

その理念や精神は未だに世界中で影響を与え続けています。

 

 

こちらの企画ではバウハウスで活躍した巨匠たちが生み出した今なお人気の高い名作家具から、

 

バウハウスの精神を受け継ぐ現代のデザイナーの新作までをご覧いただき、

 

バウハウスの潮流を感じて頂ける企画展になっております。

 

 

では今回はその中から、バウハウス初代校長 ヴァルター・グロピウスが作った『F51』をご紹介いたします。

 

2S

 

第一世界大戦が終わり自由平等の空気があふれる1919年に、バウハウスはドイツ・ヴァイマールで設立され、

 

当時すでに著名な建築家であったヴァルター・グロピウスが初代校長として就任しました。

 

 

グロピウスがその際に自らの校長室の為に設計したのが『F51』チェア(1920~)です。

 

 

グロピウスは校長室全体を直線的なデザインの反復で構成しており、

 

このチェアも木製フレームにその思想を見て取ることができます。

 

 

1S

 

 

見た目よりも意外に座り心地がよいこのチェア。

 

奥行き70cmとコンパクトなので場所をあまりとらず置きやすいのもポイントです。

 

 

今回この企画の為にご用意した『F51』チェアは張地にデンマークのkvadrat社の生地を使用しており、

 

良く見るとアーム部分とシート部分の生地が異なるという一味違う仕上がりです。

 

(他の生地・サイズもお選びいただけます)

 

TECTA社のホームページはこちら(一部承れない商品もございます)

 

ぜひアクタス新宿店で実際の掛け心地をお確かめください。

 

31

 

『bauhaus nowhaus バウハウス開校100周年 現在進行形のバウハウスの家具』

 

12月8日(日)までアクタス新宿店2Fにて開催しております。

 

 

森蔭さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもアクタス新宿店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

みなさまは「バウハウス」ってご存知ですか?

 

第一次大戦後の1919年にドイツ・ヴァイマールで設立され、

 

たった14年間しか存在しなかった伝説の学校「バウハウス」。

 

現代のデザインの基礎を作り上げたといっても過言ではないバウハウスのものづくり精神は

 

今も世界中に色濃く影響を与えています。

 

 

アクタス新宿店2階では、バウハウス開校100周年のメモリアルイヤーに際して、

 

10月19日(土)より12月8日(日)まで

 

「bauhaus nowhaus 現在進行形のバウハウスの家具」を開催いたします。

 

 

マイスターと呼ばれた巨匠たちが生み出した名作から、

 

バウハウススピリットを受け継ぐ現代デザイナーの新作まで、

 

魅力的な家具とバウハウスの世界観を感じて頂ける1カ月半になります。

 

ぜひこれを機会に「バウハウス」の世界に触れてみてください。

 

みなさまのご来場をこころよりお待ちしております。

 

 

バウハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、増税前のお買い物はもうお済みでしょうか。

 

アクタス新宿店では有難いことに連日、多くのお客様にご来店頂いております!

 

増税前、最後の3日間ぜひアクタスでお買い物をお楽しみくださいね^^

 

 

 

本日は、10月19日 (土) より予定しております、

 

BAUHAUS企画について、少し早めのお知らせです!

 

 

20190927201647-0001

 

 

1919年に開校した、総合造形学校の BAUHAUS。

 

開校100周年を記念してまして、アクタス新宿店にて特別企画を行います!!

 

 

BAUHAUSのオリジナル商品を世界で一番を多く保有する、

 

ドイツ TECTA社より普段はなかなか展示では

 

ご覧頂けない商品を数多くご用意いたします^^

 

 

 

見て、触れて、試せるこの機会をぜひお見逃しなく!

 

会期を楽しみにお待ちくださいませ。

 

 

 

商品詳細などはこのブログで追ってお知らせいたします!

 

こちらもお見逃しなく。

 

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

みなさま、こんにちは!

 

気温が高い日が多くなり、少しずつ夏が始まってきましたね。

 

おまたせしました!いよいよ今週末からアクタスの夏のセールもスタートします!

 

家具も雑貨も衣類もかなりお買い得なのです。

 

 

新宿店ではセールのお買い得品に加え、人気商品の展示品をお買い得な価格でご用意しております。

 

セールならではの特別プライス!展示品なのでどれも1点(1セット)ずつのSPECIAL PRICEです!

 

ぜひお早めに新宿店へ足をお運びください!

 

では昨日に引き続き、お買い得品の一部をご紹介します。

 

 

①【SOUP(スープ)ダイニング5点セット】

 

オーク無垢材を使い、飛騨の工房で丁寧に仕上げられた人気のダイニングシリーズです。

 

通常はサイズや色をお選び頂き約1~1.5カ月お時間を頂きますが、

 

こちらは展示品なので1週間ほどでお手元にお届けできます!

 

展示セール品の色は画像と異なります(ブラックになります)

SOUP Aレッグ

■ SOUPダイニングテーブル・・・ W160xD80xH72 cm  Aタイプレッグ/ラウンド/ウレタンブラック色

 

■ SOUPダイニングチェア・・・フレームはすべてウレタンブラック色

 

※Aタイプアームチェア(NC-126/127)各1脚、Bタイプアームレスチェア(板座/本革ブラックレザー)各1脚 計4脚

 

定価¥310,000⇒SPECIAL PRICE

 

 

 

②【KULAUM(クラウム)ダイニングテーブル】

 

定番人気のハマグリ型のダイニングテーブル。天板の形はデザインだけでなく使い勝手も良いのです!

 

横幅180cmとは思えない圧迫感の無さ、3本脚なので大人数でも座れます!

 

飛騨高山の職人が細部にまでこだわって作った逸品。経年変化も楽しみなテーブルです。

 

KULAUM

 

■ KULAUMダイニングテーブル・・・W180xD103.8xH72cm

 

オーク材ウレタン仕上げOLR色(ナチュラルカラー)

 

定価¥311,000⇒SPECIAL PRICE

 

 

③【M21-1ダイニングテーブル】

 

みなさま「バウハウス」はご存知ですか?

 

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の時期(1919-1933)に

 

ドイツにあった美術と建築に対する総合的な教育を行った学校です。

 

その約14年という短い活動期間だったにも関わらず、現代のデザインにも

 

色濃く影響を残し続けているってとてもすごいと思われませんか?

 

この「M21-1ダイニングテーブル」は現代のドイツで「バウハウス」の精神を受け継ぎ、

 

バウハウス認定の家具はもちろん、新たな家具を作り続けているTECTA社の商品です。

 

アクタス好きな方なら、きっと一度は目にしたことがあるくらいロングセラーのテーブルです。

 

奇抜な形!と思われるかもしれませんが、意外としっくりお部屋に収まる魔法のテーブル。

 

「ずっと気になっていた」という方は今がチャンスですよ!

M21-1

 

■M21-1ダイニングテーブル・・・W154xD113xH74 cm    チェリー材(突板)ウレタン塗装

 

定価¥468,000⇒SPECIAL PRICE

 

 

④【FJダイニングテーブル+FJベンチ+ソアーアームチェア 4点セット】

 

こちらも人気!ウォールナット天板&ブラックレッグのダイニングセットです。

 

ウォルナットとブラックってどうしてこんなに合うんでしょうか?

 

普段ウォールナットのテーブルにブラックのチェアの組み合わせは一押しですが、

 

これなら、レッグ自体がもうブラック!これだけでかっこいい組み合わせです。

今回は同じシリーズのベンチとソアーアームチェア2脚を合わせてセットでお買い得です!

 

ちなみに、ソアーアームチェアは現在新規在庫は長期欠品中です。

 

お早めに!

FJ

 

■FJダイニングテーブル・・・W165xD90xH72 cm

 

■FJダイニングベンチ・・・W120xD30xH42 cm

 

■ソアーアームチェア・・・W51xD53xH77(SH42.5)cm   ウォールナット材/座面カラー:グレー

 

4点セット定価¥295,000⇒SPECIAL PRICE!!

 

 

他にも1点限りの現品セールは盛りだくさんでご用意しております。

 

随時入れ替えも行う予定ですので、また紹介させて頂きます!

 

アクタスのサマーセールは6月22日(土)~7月15日(月・祝)までです。

 

皆様ぜひアクタス新宿店へお越しください!

 

 

E messe 開催のご案内

date. 2018/10/05

みなさま、こんにちは。

いつもアクタス新宿店のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

10月6日(土)から12月2日(日)までの間、ヨーロッパで確固たるポジションを
築き上げているファニチャーブランドのコレクションを集約した【E messe】を開催致します。

 

売り場

 

今回は、その中でも、木を使った曲線が特徴的なデザインのブランドの‘PORADA社をご紹介致します。

 

PORADAはフランスに広大な自社の森を所有し、木にとても強いこだわりをもったブランドです。

その森のから取れる、アッシュ材から《CANAPA》と《CAFFE》という新しい仕上げをリリース。

 

仕上げを手作業で行い、木の豊かな表情を味わうことの出来る、他ブランドにはない新たな仕上げを
PORADAの森で取れたアッシュ材とともにご紹介致します。

 

INFINITY1

 

INFINITY2

 

人気のINFINITY LIVING TABLEも《CANAPA》仕上げで新たな魅力を与えてくれます。

 

 

また、2018年に設立70周年を迎えるPORADAが、そのアニバーサリーを記念した商品を復刻。

 

TONY-2

 

TONY

 

TRITICCO

 

TRITICCO

 

70年代に生まれたこの2つのデザインは、単純な復刻ではなく、現代においてもまるで
今生まれたデザインのように新しさと、今後に向けた普遍性を感じさせます。

 

LOGO-2

 

70周年メモリアルプレート入り商品は数量限定でのご用意です。

 

まだまだ、ご紹介仕切れない新作も入荷してきています。

【Emesse】は新宿店2階フロアにて開催しておりますので、是非この機会にお立ち寄り下さい。

 

スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

先月より開催しておりますバウハウスの名作家具展。

既にご来店頂いた方も多くいらっしゃるかと思いますが、

普段は店内に並ばない貴重な資料や家具を新宿店にて特別展示しております。

 

ブランドはバウハウスの精神を受け継ぐTECTA社の家具。

ドイツの芸術学校バウハウスのクラスが開かれたのは1919年から1933年までの14年間のみでしたが、

その後のクリエイターたちに1つの道筋を示し、様々な分野に影響を与え、功績を残しています。

TECTAはその理念を継承し、バウハウス時代の家具を世界で最も多く生産している家具ブランドなのです。

TECTAの創業者・アクセル・ブロホイザーは、ジャン・プルーヴェをはじめとした建築家たちとも

タッグを組んでモノ作りに取り組み、奇跡のテーブル「M21」など多くのアイテムを発表してきました。

 

期間中新宿店では、第二次大戦中の物資不足のなか、

極わずか生産されたジャン・プルーヴェの代表的なプロダクト「スタンダードチェア」の木製タイプなど、

ドイツ「TECTAミュージアム」で展示されているコレクションやバウハウス時代の貴重な資料を展示しております。

 

実際に展示されている家具の一部をご紹介致します。

 

「スタンダードチェア」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「B42 CHAIR」

ミース・ファン・デルローエによるデザイン。

デザインから90年が経つものの、世界で最も美しいカンチレバーチェアと称される。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

「D43CHAIR」

荷重の掛かる部分のスチールパイプを平に潰すというだけのシンプルな加工により

カレンチレバー構造の強度を上げるチューブ・アブラティという特許技術を生み出したTECTAは、

バウハウス時代より受け継がれたデザインを進化し続けています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「M21 DINING TABLE」

ジャン・プルーヴェ、ピーター&アリソン・スミッソン、ステファン・ヴェヴェルカ、アクセル・プロホイザー

4者による協業で生み出された唯一無二な有機的なフォルムを持ったテーブル。

座る人数が限定されない木の葉のような不定形な天板は、向かいあった人の微妙な視線のズレが心理的圧迫感を逃がしてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ブログでご紹介した家具はほんの一部となります。

バウハウスの名作家具展は3月20日までの開催となりますので、是非、新宿店2階「This is TECTA-バウハウスの名作家具展」へお越し下さいませ。

皆様のご来店、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

みなさま、こんにちは。

 

2月18日(土)より開催いたします、”THIS IS TECTA-バウハウスの名作家具展-”
に向けまして、現在新宿店では着々と準備をしております!
本日のブログでは一足早く、その一部をお見せします。

 

14

 

 

現在の建築・デザインに決定的な影響を与え、伝説といわれている教育機関「バウハウス」
その思想とプロダクトを家具という形で今もなお伝え続けている、「TECTA」
今回の家具展では、TECTAの歴史をご覧いただけるのはもちろん、日本初のモデルも登場します。
そして、明日からは新宿店2階が”THIS IS TECTA”の為に変身します。

 

 

 

アクセル・プロポイザー社長と、20世紀の偉大なフランス人建築家、ジャン・プルーヴェ氏と
協業でデザインされた奇跡のテーブルと呼ばれる”M21ダイニングテーブル”
ご自宅で愛用されていらっしゃる方も多いと思います。
そのM21の新たなバリエーション”M21-2 テーブル”も新宿店へ届きました。

 

レッグに穿たれた穴や、独特な天板の形状はそのままに、
コンパクトなサイズにリ・デザイン。

 

 

 

店内にはプロポイザー氏の愛猫”カールヘェン”が隠れているかも!?

 

 

今日から18日の開催に向け、ドイツ本国の「TECTAミュージアム」より

 

続々と貴重なアイテムが届く予定です。
まさに美術館クラスの名作を間近でご覧いただける、またとない機会です。

 

是非、18日より開催の”THIS IS TECTA-バウハウスの名作家具展-”へお越しください!

 

 

 

みなさまこんにちは。

 

以前もご紹介しました新宿店2Fのディスプレイ品たち。

 

まだまだオススメ商品がありますのでご紹介します!

 

今回は、コンパクトなダイニングや、ラウンジチェアを探されている方、必見です!

 

 

 

1

 

まずはこちら。

 

スイスUSMのハラーテーブル

¥109,257 → SPECIALPRICE

SIZE:W75×D75×H74cm

 

メタルの脚がお部屋全体を引き締めてくれます。

 

写真の様な白いチェア・木製・レザー・布張り、どんな素材のチェアとも相性抜群です!

 

 

 

3

 

イタリア「ARPER」のラウンジチェア。

CATHIFA60

¥178,000 → SPECIALPRICE

SIZE:W69×D64×H70(SH39)cm

 

背もたれが低く、お部屋の広さを邪魔しません。

 

 

 

2

 

TECTA D35-1/C35 ラウンジチェア

¥389,000 → SPECIALPRICE

SIZE:W64×D88-116×H97-82(SH36)cm

 

赤をアクセントにコーディネートしては如何でしょうか。

 

ドイツ「TECTA」らしい色合せのラウンジチェア。

 

ソファと同じくらい寛げること間違いなし!

 

 

 

4

 

CORONA チェア

¥753,000 → SPECIALPRICE

W86×D83×H95(SH40)cm

 

チェアの歴史を語る上で外せない1脚。

 

今回はこちらもディスプレイ品としてお出しします。

 

 

コンパクトな家具も多数取り揃えた新宿2F、是非一度お立ち寄り下さい!

 

ご来店お待ちしております。

 

back
to TOP