ACTUS(アクタス)

shop blog

アクタス・新宿店 / リノベーションルームHOW アクタス・新宿店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-19-1BYGSビル1・2F
TEL
03-3350-6011
OPEN
新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、営業時間の変更・休業の場合がございます。 最新の営業状況はこちらをご覧ください

Posts Tagged ‘100年家具’

IMG_2562

 

皆さま、こんにちは。

連日桜の開花を耳にする暖かい季節になりました。

 

昨年に続き今年もお花見は自粛傾向ですが、

コロナ禍でも個々で楽しめるお花見のスタイルを見つけたいですね。

個人的にはお店の近くの新宿御苑の桜を見ながら散歩したいものです。

 

さて、本日はデンマークのインテリアセレクトショップ「A.PETERSEN」のラインナップが、

いよいよアクタス新宿店にて展開スタートのご案内です。

 

「A.PETERSEN」は、コペンハーゲンにA.Petersen  Collection &  Craft というショップとワークショップギャラリーを併設しする今のデンマークを代表するブランドです。

 

コンテンポラリーでありながら普遍性を備えた家具や雑貨を揃えたショップとして、デンマーク国内に留まらず、世界各国のデザインオリエンテッドな人々から注目を集めています。

 

また、ワークショップギャラリーでは近所で採れた海藻などの素材を家具の材料に使うなど地域の環境にも配慮したサスティナブルな姿勢を貫いています。

 

IMG_2565

■ Modul

DAY BED : W145 x D70 x H66/SH42cm ¥418,000

CHAIR : W145 x D70 x H66/SH42cm ¥236,500

MATERIAL : OAK、FABRIC

 

NHKの人気番組「世界は欲しいモノにあふれてる」

2019年秋の放送と、2020年春の再放送で反響の大きかった「Modul sofa」。

いわゆる海藻ソファがアクタス新宿店2階にてご覧頂けるようになりました。

デンマークでは昔から、クッションに海藻を使用してきた歴史があり、トラディショナルで自然に優しいソファと言えます。

 

IMG_2576

 

 

座り心地は硬めの座布団の感覚。

和の要素も感じられリラックス出来るソファです。

1人掛けソファを隣に置いてデイベッドとして横になることもおすすめです。

 

 

IMG_2564

 

IMG_2566

■Rocking chair

W67 x D90 x H90cm ¥173,800

MATERIAL : ASH、CANVAS

 

日本ではあまり馴染みのないロッキングチェアですが、デンマークでは多くの家庭で使われており、身体をゆっくり揺らしながら、読書やコーヒーなどを楽しむ文化が根付いています。

 

IMG_2567

 

ファブリックも北欧らしいデザインです。

お部屋を鮮やかに彩ってみてはいかがですか。

 

IMG_2568

■Stool

W66x D66 x H38cm ¥272,800

MATERIAL : ASH、CANVAS

 

高度なクラフトマンシップを感じさせる籐で編まれた座面を、曲木で成形されたアッシュの脚が支えています。

 

IMG_2569

 

スツールの裏面画像になりますが、美しい仕上は真に民芸品のクオリティ。緻密に編み込まれた様子が伺えます。

籐の座面とレッグの設置はレザーベルトで取り付けられており、強度はもちろんですが、異素材の組み合わせはどこかオシャレ感があります。

フレームの職人と籐編みの職人、それぞれの技術が美しく結実した一脚です。

 

IMG_2572

■Dining Table

W145x D145 x H72cm ¥429,000

MATERIAL : Stainless、Ash、Steel、Linoleum

 

鍛冶職人の一面を持つポール・ケアホルムの孫、ミッケル・ケアホルムによって溶接された美しく交差したレッグが空間に心地よい緊張感をもたらします。

 

IMG_2573

 

天板は黒のリノリウムと白のラミネートの両面で使用でき、用途やインテリアにあわせて気軽に表情を変えることが出来ます。

天板のエッジは明るいアッシュ材でぐるりと囲まれていますので、スチールレッグのクールな印象に温かみを加えています。

 

IMG_2574

■Wire Table

W69x D69 x H44cm ¥154,000

MATERIAL : Stainless、Steel

 

上記Dining Table 同様のスチールレッグをデザインとしたリビングテーブルです。

1984年にオーレ・ショールによってデザインされ、2016年にA.Petersennの最初のオリジナルコレクションとして紹介されました。

テーブル天板の製造工程もまた全てデンマーク国内で行われており、材の調達から製造まで、全体を通して国内で完結しています。

 

IMG_2575

 

いかがでしたか?

受け継がれる歴史と家具デザイナーとクラフツマンの伝統的、かつ密接なコラボレーションの話を届け続ける「A.PETERSEN」。

実際に触れてみてはいかがですか?

是非、この機会にアクタス新宿店 2階へお越しくださいませ。

 

また現在アクタス新宿店では、

「101灯のあかり」※~3/30まで、「1oo年家具」、「イエナカノマド」も店内で開催中です。

 

緊急事態宣言後の新宿御苑でお花見散歩。

その後はアクタス新宿店へ是非お立ち寄りくださいませ。

新宿御苑より新宿門より徒歩5分でございます。

 

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。

 

101①

皆さまこんにちは。

 

春が待ち遠しい、三寒四温の季節になりました。

 

春を迎える前の狭間のこの時期、

 

日本の四季の移り変わりを感じられる、実は一番良い季節なのではないでしょうか。

 

アクタス新宿店2階では「100年家具」と題して、

 

AOYAMAシリーズ (深澤直人×マルニ木工×ACTUS) を中心に、

 

匠の技で生まれる木工家具を集め、特設ブースで展示しています。

 

今日は「100年家具」の展示模様と共に、

 

AOYAMAシリーズ (深澤直人×マルニ木工×ACTUS)の新作のご紹介を致します。

 

101②

 

101③

 

101④

 

これまでのAOYAMA ダイニングとMEGRO ラウンジチェアを中心に展示中です。

 

テーブルのサイズバリエーションやオーク材とウォールナット材の違い、レザーシートの質感をご覧いただけます。

 

また「101灯のあかり」展からLouis Poulsen の照明もセットしましたので合わせてご覧くださいませ。

 

続いて。。。。

 

新作のご紹介です!

 

AOYAMA チェアの座面にレザーシートがデビュー!!

 

木材と共に経年美化が進んでいくレザー。

 

座り続けていく中で生まれる愛着感。

 

皺の入り方、柔らかさ等、ご自身だけの1点物として育てていく楽しみ。

 

椅子に座るという時間の新たな価値観、新たな発見がお客様を待っています。

 

101⑥

■ AOYAMA SIDE CHAIR

ウォールナット材×ヌメ革

W44.3xD50.5xH78.4/SH43.6cm

¥163,900

 

101⑤

■ AOYAMA SIDE CHAIR

オーク材×ELMOレザー

W51.2xD50.5xH78.4/SH43.6cm

¥174,900

 

レザーは3種9色よりお選び頂けます。

 

①ベーシックなスムースレザー

 

②質感抜群のヌメ革

 

③環境に優しいELMOレザー

 

もちろん、これまでの木材座面(オーク材、ウォールナット材)とファブリック座面(9色)もご用意しております。

 

「百聞は一見にしかず」実際に手に取って、お座り頂き、質感、感触をご確認ください。

 

続いて。。。。

 

新作ベンチとスツールのご紹介です。

 

深澤直人さん、マルニ木工さんと試行錯誤の商品開発を重ねた結果、

 

兼ねてよりご要望の多かったベンチの商品化が実現しました。

 

これまでのチェア同様にテーブルの幕板と共通のデザインを採用し、

 

隅木まで削り込む彫刻的な要素が含まれたベンチとスツールです。

 

座面のレザーやファブリックを張込み仕様にすることで、

 

ディティールの美しさまで深澤直人さんのAOYAMAへのこだわりを追求しています。

 

101⑦

■ AOYAMA BENCH

ウォールナット材×ELMOレザー

W101,5xD35xSH45cm

¥167,200

 

101⑧

■ AOYAMA STOOL

ウォールナット材×ファブリック

W47xD35xSH44.5cm

¥81,400

 

ベンチもスツールもテーブルの幕板やレッグシルエットが同様に仕上がっていることが画像よりお分かりになるかと思います。

 

この滑らかで美しいデザイン、シルエットを是非、店頭でご確認くださいませ。

 

「100年家具」というのは一見「ものづくり」の質だけを語っているように聞こえます。

 

100年積み上げてきた技術力。

 

100年先も残っていく強さや変わらないデザイン力。

 

しかしそれだけではありません。

 

それに加え、使い手となるお客様の存在が加わって初めて「100年家具」とうたえるのではないかと思います。

 

「家具と共に生きていく。」

 

そんな思いを持って頂ける方々に是非ご使用頂けたらと思う木工家具達です。

 

経年変化、経年美化。

 

テーブルやチェアもきっと季節を重ねながら四季折々の表情を見せてくれることと思います。

 

そんな人生の相棒、家族となり得る木工家具を見つけてみてはいかがですか?

 

是非この機会に、

 

「100年家具」展、アクタス新宿店の2階へお越しくださいませ。

 

皆さまのご来場お待ちしております。

アクタス・新宿店 / リノベーションルームHOW

カテゴリー

最近の投稿

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
to TOP