shop blog

アクタス・新宿店 / リノベーションルームHOW アクタス・新宿店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
リノベーションショールーム「HOW」は新宿店2Fにございます。
ADDRESS
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-19-1BYGSビル1・2F
TEL
03-3350-6011
OPEN
11:00~20:00 / 不定休

Posts Tagged ‘アクタス、ACTUS、きんしゃい、有田焼、豆皿、なみだ壺、和食器’

皆様こんにちは!

 

いつもアクタス新宿店のブログをご覧いただきありがとうございます!

本日は、アクタスの他店舗でも開催され大変好評だった、期間限定POP UPショップ『きんしゃい 有田豆皿紀行×ACTUS』のご案内です!

※開催期間は8月10日(土)から9月29日(日)までです。

 
 

3D4FC670-9935-4E76-8E17-245E32D407DA

 
 

「きんしゃい」とは佐賀県の言葉で「いらっしゃい」という意味で、店内に入ると名前の通り沢山の可愛い豆皿たちが出迎えてくれます!

有田焼は日本で初めて焼かれた磁器で、400年以上もの歴史があり、現在では約150社の窯元が存在しています。

今回は、その中から選りすぐりの窯元の個性あふれる豆皿を展開しております。

百聞は一見に如かず、なのでスタッフお勧めの商品をいくつかご紹介いたします!

 

【徳幸窯】

IMG_0174

IMG_0167

松竹梅や鶴亀などをモチーフにした変形豆皿で、お正月や宴会などのハレの日はもちろん、小物入れとしても使えそうです。

 

【福珠窯】

IMG_0169

長い歴史がありながらモダンさもある、しっとりした磁肌の豆皿。

 

【利久窯】

IMG_0170

明るく軽やかで現代的。

 

【与山窯】

IMG_0177

富士山がこっそり隠れていて有田焼らしい一枚。

 

【与山窯のなみだ壺(一輪挿し)】

IMG_0179

手のひらサイズなので、日々の暮らしを少し華やかにしたい時にピッタリです。

なみだ壺とは悲しい時だけでなく、嬉し涙を受け止めるための器でもあったそうなので、

「嬉し涙をたくさん流してね」といったメッセージを込めてプレゼントするのもいいですね!

 
 
 

5010D052-911B-4C78-A27B-38F2A168D40A

 
 

 

紹介しきれなかった個性あふれる豆皿がまだまだありますので、是非店頭にてご覧ください!

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております!

to TOP