shop blog

アクタス・新宿店 / リノベーションルームHOW アクタス・新宿店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
リノベーションショールーム「HOW」は新宿店2Fにございます。
ADDRESS
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-19-1BYGSビル1・2F
TEL
03-3350-6011
OPEN
11:00~20:00 / 不定休
next

Archive for the ‘テキスタイル’ Category

 

 

皆さま、こんにちは。 

 

本日はアクタスオリジナルのFABRICIAシリーズから新作のクッションカバーをご紹介いたします。

 

 

 

O 

 

 

 

 以前ご紹介いたしましたカーテンと同様の柄となっております。

 

カラーリングも春めいた爽やかな色合いで、

店頭のFABRICIAコーナーにもこれからの季節にぴったりな明るい色がそろっております。

 

 

鮮やかなブルーやナチュラルなグリーン系、落ち着いたダークトーンのものなど豊富な種類揃っておりますので皆さまのお気に入りが見つかるとおもいます。

 

 

ぜひお店でご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

皆さまこんにちは。

 

昨日までの雨が上がり、本日は快晴ですがまだまだ北風が冷たいですね…

 
暖かい春風を待ちながら、本日はFABRICIAの新作をご紹介させていただきます。

 

皆さまご存知のアクタスオリジナルテキスタイルブランド、FABRICIA(ファブリシア)。

 

カーテンのカラーリングもすっかり春めいて、新宿店のFABRICIAコーナーにも明るい色の生地たちがたくさん並んでいます!

 

 

*REGAL(レガール)

レガールIMG_2614

 

 

しっかりめの厚い生地3種類の刺繍が合わせやすいナチュラルなテキスタイル。

爽やかなブルーと落ち着いたモノトンの2色です。

 

 

 

*MILLE(ミル)

ミルIMG_2612

 

 

麻とコットンの糸で織り上げたナチュラルな雰囲気のストライプ。

木素材と相性のよいマスタードイエローと、発色のよいポイントカラーのブライトイエローの2色です。

 

 

 

 

*PROSHAIN(プロシャン)

プロシャンIMG_2618

 

 

シャリ感の心地良いポリエステルを使ったジャガードのテキスタイル。

柄はイカットのように繊細に表現されており、カラーは圧倒的に美しいブルーとモノトンの2色です。

 

 

 

*TYPHON(ティフォン)

ティフォンIMG_2613

 

 

クラッシュしたような動きのある多色のポリエステル糸を使った、軽くて美しいテキスタイル。

フランス語でTYPHONは台風という意味だそうです!

ニュアンスの美しいイエローと、カラーミックスの強いブラウンの2色です。

 

 

*HARDI(アルディ)

アルディIMG_2616

 

 

すっきりと美しい糸の組み合わせ。ヨコ使いでは数少ないボーダーストライプを表現。

コーディネート幅の広いホワイトとブラックモノトンの2色から。

 

 

 

 

 

今回の新作も、アクタスの家具ととても合わせやすい色の生地が揃っています。

 

ぜひ、見て、触れてみてください!!

 

FABRICIAの生地はカーテンだけではなく、クッションカバーなどもとっても可愛いです。

 

私も部屋のカーテンを春色に衣替えし、お部屋の模様替えも楽しみたいと思います!

 

これから迎える新生活や、春の模様替えにFABRICIAのある空間を演出してみてはいかがでしょうか?

 

 

~ここでお知らせです~

 

3/14(土)-4/30(木)までテキスタイルのキャンペーンを開催いたします。

 

カーテン以外にオーダーラグもお買い得となりますのでこの機会にぜひお越しください!

 

アクタス新宿店にて、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

FABRICIA vol.2

date. 2014/06/22

 

 

皆様こんにちは。

 

前回のブログでは、アクタスオリジナルのテキスタイルブランド、

 

FABRICIA(ファブリシア)の生地がつくられている工場についてご紹介させて頂きました。

 

今回はそのFRABRICIAの生地の一部をご紹介致します。

 

 

まずは、こちらが新宿店のFABRICIAコーナーです!

 

image (4)

 

 

カーテン、クッションカバー、そして照明にもFABRICIAの生地が使われております。

 

 image

 

 

程よい透け感と綺麗な色が相まって、空間を素敵に演出してくれます。

 

白やブルーは、これからの季節に涼しげでとてもぴったりですね。

 

 

そんなFABRICIAには多くの種類・色の生地がございます。

 

本日はその中でも軽やかな薄地の生地を3つ、ご紹介します。

 

 

まずは、大柄なストライプとナチュラルな質感が特徴のLANCER(ランセ)。

 

お色は4色ございますが、私のお気に入りはこのブルーです!

 

image (5)

 

 

 

お次は、異なった生地が重なることで、独特な手触りをうみだしているTROIS(トワ)。

 

image (2)

 

 

トワ、という言葉通り3枚の生地が重なってできております。

 

お写真ではなかなか伝わりづらいですが、

 

是非実際に目で見て、手で触って頂きたい生地です。

 

 

そして、気持ちが明るくなるような

 

複数の綺麗な色が並ぶLEGER(レジェ)。

 

image (1)

 

 

カラフルですが、どこか優しい印象です。

 

私のお気に入りは、PLAN(プラン)のホワイトとの組み合わせです。

 

ざっくりとした麻の雰囲気と、レジェの色と素材感がマッチしております。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

FABRICIAは色んな種類のファブリックがございますが、

 

複数の生地を組み合わせることで

 

更にその魅力を引き出すことができます。

 

あなたも、お気に入りの組み合わせを見つけてみませんか?

 

 

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今日は、ファブリックベッド、”SOSIA(ソシア)をご紹介をします。

 

s-IMG_8894

 

 

 

ファブリックで包まれたカバーリングタイプ。

優しく、贅沢な雰囲気のベッドです。

 

 

 

 

s-IMG_6263

ヘッドボードにクッションの付いているので、背中をあずけて、本を読んだり音楽を聞いたり。

 

夏の寝苦しい夜も、快適にすごせそうです。

 

この大きな2つのクッションは、取り外すこともできます。

 

 

 

s-IMG_6302

お色は4色。

サイズは、ダブル(幅148cm)、クイーン1(幅159cm)、クイーン2(幅172cm)の3サイズ展開です。

写真のダブルサイズで¥111,500-(税抜)

マットレス別売、ヘッドクッション込みの価格です。

 

 

 

また、マットレスやベッドウェアもご用意しておりますので、

ぜひ新宿店にお立ち寄りくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

皆様こんにちは。

 

関東はつい先日、梅雨入りをしてじめじめとした日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、アクタスオリジナルのテキスタイルブランド、FABRICIA(ファブリシア)をご紹介致します。

 

fabricia2

 

 

 

FABRICIAとは、美しい布が水草のように広がってゆくことをイメージして作られたファブリックです。

 

実際に店舗でご覧になられたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

FABRICIAはカーテンだけでなく、クッションカバー、ベッドスプレッド、照明、ファブリックパネルなど、

 

さまざまな形で空間を彩ってくれます。

 

中でもクッションカバーなどは、手触りや品質も気になりますよね。

 

そんなFABRICIAの生地、どこで、どのようにして作られているのか…?

 

今回は、一部の生地を生産している、ベルギーの工場を皆様にご紹介したいと思います!

 

 

今回ご紹介する工場は、ベルギーの美しい古い建物が並ぶゲントという都市にあります。

 

ゲント運河沿い4

 

 

 

 

ベルギーという国は古くから繊維産業が盛んで、出来上がった繊維製品を多く輸出しておりました。

 

そしてこの工場の創業は1903年…

 

なんと100年以上の歴史があるのです!

 

そんな昔からのノウハウを活かし、「質の高いもの」を提供することをポリシーにしております。

 

また、この工場では技術的に難しいとされるベルベッドの生産を得意としていることからも、技術力の高さが伺えます。

 

実際に、生地が織られている様子はこんな感じです。

 

 

 カルケン ランセBL2

 

 

 

織る作業はオートメーション化されておりますが、常に横に職人さんがついて微調整を行っております。

 

このようにして、美しいデザインだけでなく、高い品質もあわせもったFABRICIAの生地が生まれているのです。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

美しい街で織られる美しい布。

 

それが遠く離れたこの国で、室内を明るく彩ってくれるというのはとても素敵ですよね。

 

これを機会に、ぜひ店頭で実際にどんな生地なのか、見て、触って、感じて頂けたらなと思います!

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

next
to TOP