shop blog

アクタス・新宿店 / リノベーションルームHOW アクタス・新宿店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
リニューアルの為1/9~3/2の期間中は2Fをクローズさせていただきます。リノベーションスタジオHOW、Poggenpohlキッチンはご覧いただけませんので、ご注意ください。尚、2階家具は1階にて販売しております。
ADDRESS
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-19-1BYGSビル1・2F
TEL
03-3350-6011
OPEN
11:00~20:00 / 不定休

Posts Tagged ‘danish’

 

皆様こんにちわ。

 

いつも新宿店のブログをご覧頂き、本当にありがとうございます。

 

今日は雨も止んだのに、一層寒くなり、年内にもう一雪降りそう(?!)な寒さですね。

 

そんな寒い夜にご紹介するのは、

 

デンマークで、今一番HOTなブランド『dk3』のダイニングテーブルです。

 

 

dk3は2009年に設立され、今では世界約35カ国で販売されています。

 

デンマーク人の、歴史ある偉大なデザイナーの作品と、

 

若手デザイナーのコンテンポラリーな作品の、2つのコレクションで展開しています。

 

そして品質・耐久性・美しさなど、

 

使用する木材のこだわりをとても大切にしているブランドです。

 

 

特に木材には、ヨーロピアンオーク、アメリカンウォルナット、スモークドオークなどを扱っており、

 

中でもオークは樹齢200年ほどのものを多く使用しています。

 

(普通は樹齢120年前後のものばかりですので、本…当に貴重な資材ですし、

 

それを使用することにこだわりを持っているブランドはとても少ないのです)

 

 

TREE TABLE

(サイズ:W220×D100×H72cm)

tree-1

 

とても太い丸太から切り出した木材を倉庫に保管しており、

 

それを7cm程度の厚さに切ったものがこのテーブルに使用されています。

 

つまり、、、デザインとしては真ん中で割れているこのテーブル、正真正銘の一枚板なんです!

 

tree-2

 

本当に一枚から作っているので、

 

左右の木目が自然に流れていっているのが見てすぐにわかります。

 

tree-4

 

側面はまっすぐではなく微妙に曲線を描いています。

 

これはもともと木が伸びていった形を崩さぬまま、

 

削りの職人が本人の手仕事とセンスで描いている曲線です。

 

より“木“であった時の形に近い状態に仕上ているんです。

 

その名のとおり、まさに「木のテーブル」といえますね。

 

tree-3

 

側面が斜めにカットされているのも、丸太を思わせるフォルムとなっています。

 

ちなみに、デンマークの本社工場近くでは、週に一度お客様に直接木材を見に来ていただき、

 

その中から気に入ったものを選んでTREE TABLEをオーダーしてもらうというイベントも開催しています。

 

そのくらい、デンマークではファンの多いテーブルなんですね。

 

 

 

UTZON TABLE -ウッツォン テーブル-

(サイズ:W200×D95×H72cm)

utzon-1

 

こちらも、dk3のこだわった木材が使われているダイニングテーブルです。

 

デザイナーのJAPPE UTZONの名前がついたテーブルです。

 

節などをあえて出すことで、一枚の板を切り出していることを主張していますね。

 

本国では最大3Mまでの大きさを製作可能なのです!

 

その長さの木材を入手できるだけでも、驚きのブランド力です。

 

utzon-3

 

デザインはシンプルでありながら、レッグの形が特徴的です。

 

これだけの厚みの木材を寄せて作っているので、気候や環境によって木材の狂いが出てしまうところを、

 

なんともデンマークの職人らしい工法で、裏側から抑えています。

 

今回はあえてお見せしませんので、是非お店まで、裏側を覗きに来てください♪

 

 

アクタスでは、伝統のあるヨーロッパの商品から、

 

こういったデンマークの新しいブランドの商品まで、

 

幅広く、どんどん紹介していきます。

 

スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

DSC_1406

・・・・・・・・・・・・・・・・・

  DANISH  VINTAGE  FESTA

             2016.10.15 – 11.20

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

こんにちは。

 

先日に引き続き、DANISH VINTAGE FESTAのご紹介です!

 

 

1950年代~60年代にデンマークで製造され、

 

大切に使われてきた家具達。

 

デンマークは、「モノが捨てられにくい社会」

 

必要でなくなったモノも、捨てるのではなく、「必要な人に受け継ぐ」という文化があるので、

 

現代まで大切に引き継がれてきました。

 

 

そのなかでも、アクタスきっての目利き(!)のバイヤーが買い付けてきた

 

状態の良い家具が揃っています。

 

更に、日本の職人がひとつひとつ綺麗に手直しをして店頭に並んでいるんですよ。

 

特に今回のフェアは、スタッフも「珍しい!!」と興奮するような品も

 

豊富に入荷しております!

 

ヴィンテージ家具がお好きでよくご覧になられてる方はもちろん、

 

モダンなインテリアのアクセントになるような魅力のある家具をお探しの方にもオススメです。

 

 

まずは、一番人気の「伸長式ダイニングテーブル」をご紹介します。

 

お探しの方がとても多いです。

 

サイズは133cm×88cmと、コンパクトな4人掛け。

 

4辺に縁取られるようについた無垢材がアクセントになっています。

 

 

 

 

 

 

片側だけ伸ばすと181cm、

 

両側を伸ばすと229cmになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真で合わせているチェアももちろんヴィンテージ。

 

背板だけでなく脚までチーク材です。(意外と珍しい。)

良い色です。

 

 

 

 

 

 

 

続いて、大変珍しいサイドボードです!

 

どこが珍しいかといいますと、このサイズです。高さが57cmと、テレビボードにもできる高さなんです。

 

よくお客様に「ヴィンテージのテレビボードはありませんか?」とご質問を頂くのですが、

 

この時代、TVは殆ど普及していませんので、テレビボードにできる高さのものは殆ど出てこないのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幅200×奥行39×高さ57cmと

 

大変使いやすいサイズですので、

 

テレビボードをお探しの方は是非お早めにどうぞ。

 

 

最後はこちらのリビングテーブルです。

 

 

 

幅124×奥行59.5×高さ52.5cmなのですが・・・

 

 

 

 

 

 

このように、簡単に高さを変えられます。

 

65cmになりますので、ソファの前に置いて簡単なお食事をするのに丁度良い高さです。

 

からくり仕掛けのように動く脚がキュート。

 

 

他にも語りたいお品が沢山入荷しておりますが、

 

今回はこの辺りで・・・

 

 

最終日の11月20日(日)には

 

ハンス.J.ウェグナーやボーエ・モーエンセンをはじめとする

 

デンマークの巨匠デザイナーが手がけた家具の数々や、

 

貴重なヴィンテージ家具が集結する『北欧ヴィンテージ家具オークション』

 

を開催致します。

 

※出品アイテムは、10月下旬より下記ホームページにてご紹介致します。

 

http://www.actus-interior.com/news/1610danishvintagefesta/

 

ご予約・お問い合わせは  アクタス新宿店(03-3350-6011)まで。

 

 

アクタス新宿店の2階特設コーナーにてお待ちしております。

 

to TOP